校務支援システム
スズキ校務シリーズ

校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉

動作環境
クライアント Win 10 Win 8.1 Win 7
 サーバー  Win 2012 Win 2008 動作環境詳細
価  格
シリーズ各製品全てオープン価格
名簿情報管理出欠席情報管理小学校成績処理 竹千代NET中学校成績処理 家康NET通知表作成指導要録作成週案簿・時数管理時間割作成コミュニケーションツール調査書作成文書管理体力テスト処理 げんきNET保健管理 えがおNET地域集計徴収金管理
※スズキ校務シリーズ各製品に関しては事前にお問い合わせください。お問い合わせ先
※お問い合わせの際には、学校名等が必要になります。
 
一般財団法人 全国地域情報化推進協会(APPLIC)
   教育情報アプリケーションユニット標準仕様V1.1準拠
   自治体業務アプリケーションユニット標準仕様V2.5準拠

「校務の情報化」の目指すカタチは、先生の多忙感を解消すること!

校務の“何を”情報化すべきか

「校務の情報化」の目的は、先生が学習内容をしっかり教え、子どもが学習内容を理解するという学校本来の機能を取り戻すことです。
そのためにはメール、掲示板などの単なる便利機能の整備より、「なくては困る」学習指導情報を扱う実務的なシステムを先ず整備し、忙しい先生のご負担を軽減することが必要です。
ますます多忙化する先生を、子どもたちのもとにお返しすることが、目指すべき「校務の情報化」のカタチと考えています。

 

学校にとって本当に必要なシステムを導入すると…

従来の手書きや汎用の表計算ソフトによる校務処理では、同じ情報を何度も記入するといった転記の手間があり、手間だけでなくミスも起きがちでした。
校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉による“トータルな情報化”では、情報の“共有”と“再利用”によって効率化と高度化を図り、学校本来の機能を取り戻します。

 

校務支援システム(スズキ校務シリーズ)“学校に必要”な校務システムを選ぶなら、
校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉!

POINT:1 
実際の校務の流れに沿っている

テスト以外の学習成果物の評価もできるなど、実際の校務の流れに沿っています。

 

POINT:2 
情報の“共有”と“再利用”ができる

校務の実態に合わせて開発した“学習指導管理系”校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉。
ネットワーク上のサーバーに情報が一元化され、複数の先生で共有し、利用できます。
入力した情報は様々な場面で活用できます。
また、ご予算に応じて段階的・計画的に整備していただくことができ、各ソフト間のデータの連携・共有により、さらに効率化が加速します。

 

 

一度入力した情報は徹底的に活用!

校務支援システムに入力された学習指導情報に関わるデータは、システム内で“共有”できます。
活用シーンに応じて参照・出力ができます。

 

校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉の
 全ソフトに標準搭載される機能

学習指導情報の基幹となる名簿データが一元化してあれば、学年・学校全体で様々なケースで利用することができます。
ここで紹介する機能は、〈スズキ校務シリーズ〉製品のいずれかを導入した際に必ず搭載される機能です。


基本名簿

情報の基幹となる児童・生徒、職員の名簿を入力します。
また、進級処理や学級編成、転入出処理等も行います。


詳細名簿

保護者名、住所、電話番号、在校兄弟、委員会、クラブ等、様々な項目の名簿情報を入力することができます。
新たな項目を追加することもできます。


学校日誌

学校日誌をつけることができます。
在籍者数や欠席数、転入学者などは〈スズキ校務〉に入力されているデータが自動的に差し込まれます。


日々の様子

児童・生徒に対し、個人ごとに学校生活などの様子をコメントとして登録することができ、そのコメントを参考にして「通知表作成」の所見入力を行うことができます。
小学校にて登録されたコメントを、進学した中学校の〈スズキ校務シリーズ〉に読み込むこともできます。


生徒指導

児童・生徒の個人概要(特記事項等)や、指導記録を登録・閲覧することができます。


特別教室・施設予約

学校の特別教室・施設の予約状況を確認したり、予約をしたりすることができます。


スケジュール

学校行事や出張などのスケジュールを登録できます。


ToDo

「個人用」のToDoリストと、他の職員と「共有用」のToDoリストを作ることができます。

 

POINT:3 
安心・安全なシステム

サーバーでの情報の一元管理や、パスワードによるログイン、万が一に備えるデータのバックアップ機能で安心してお使いいただけます。

 

POINT:4 
自由度が高い

様々な名簿や通知表を作成できるレイアウト機能で学校独自のご要望にお応えします。

 

POINT:5 
やさしい操作性

直感的に操作でき、パソコンに不慣れな先生にも無理なくご活用いただけます。

 

状況に合わせて選べる3種類の導入形態!

校務支援システム〈スズキ校務シリーズ〉は、スズキ校務用サーバーを学校に設置してご利用いただく方式と教育センターなどに設置して、地域WAN内でご利用いただく方式、クラウド基盤で稼働しインターネット経由でご利用いただく方式があります。
センターサーバー方式も『Click Once』、『シンクライアント』など様々な方式に対応しています。

1.学校サーバー運用

学校にサーバーを設置し、スズキ校務を運用します。

2.センターサーバー運用

教育センターなどにサーバーを設置し、地域WAN内で情報を一元管理します。
操作は学校サーバー運用と変わりません。

3.クラウド運用

クラウド基盤上で稼働し、インターネットを経由して提供します。
インターネット通信は、暗号化(SSL)によってデータの漏洩を防止します。
※クラウド運用では〈週案簿・時数管理〉、〈時間割作成〉、〈コミュニケーションツール〉、〈文書管理〉、〈地域集計〉はご利用いただけません。

 

スズキ校務シリーズ 動作環境(校内サーバー版)

クライアント機
OS Windows 7 Professional
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Pro
※Windows 8.1 Pro、Windows 10 Proはマウスとキーボードでの操作のみ
※最新のService Packを推奨
CPU お使いのOSが快適に動作するプロセッサーが必要
メモリー お使いのOSが快適に動作するメモリー容量が必要
ディスプレイ 色:High Color(16ビット)以上が必要 解像度:1024×768ピクセル以上が必要
ハードディスク インストール容量:5MB
ネットワーク 100Mbps以上を推奨(TCP/IPが使用可能であること)
※無線LANはアクセスポイント数の不足や電波状況によっては、快適に動作しない場合があります
その他 PostScriptプリンターでは、印刷に一部制約があります
サーバー機
OS Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
※Windows Server 2008は32ビット版のみ対応
※最新のService Packを推奨
CPU お使いのOSが快適に動作するプロセッサーが必要
メモリー 2GB以上を推奨
ハードディスク インストール容量:500MB 別途データ量に応じた容量が必要
ネットワーク 100Mbps以上を推奨(TCP/IPが使用可能であること)
その他 インストールにはCD-ROMドライブが必要
※専用サーバーでの運用を推奨します
※コミュニケーションツールの利用には、以下の設置が必要となります。
コミュニケーションツールデータベース機
OS Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
※Windows Server 2008は32ビット版のみ対応
※最新のService Packを推奨
CPU Xeon 2GHz×2プロセッサー以上が必要
メモリー 2GB以上を推奨
ハードディスク インストール容量:300MB 別途データ量に応じた容量が必要
ネットワーク 100Mbps以上を推奨(TCP/IPが使用可能であること)
その他 メール機能を使用するには、ユーザー毎にメールアドレスが必要
※Webメールなど、SMTP送信・POP収集ができないメールアドレスはご使用できません
コミュニケーションツールデータベース機は、教育センター等に設置が必要
インストールにはCD-ROMドライブが必要

スズキ校務シリーズ 動作環境(センターサーバー版)

クライアント機
OS Windows 7 Professional
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Pro
※Windows 8.1 Pro、Windows 10 Proはマウスとキーボードでの操作のみ
※最新のService Packを推奨
CPU お使いのOSが快適に動作するプロセッサーが必要
メモリー お使いのOSが快適に動作するメモリー容量が必要
ディスプレイ 色:High Color(16ビット)以上が必要 解像度:1024×768ピクセル以上が必要
ハードディスク インストール容量:2GB
※環境によって異なります
ネットワーク 100Mbps以上を推奨(TCP/IPが使用可能であること)
※無線LANはアクセスポイント数の不足や電波状況によっては、快適に動作しない場合があります
その他 PostScriptプリンターでは、印刷に一部制約があります
Click Onceを使用する場合は、Microsoft .NET Framework 3.5以上が必要です
サーバー機

●学校数やクライアント機の台数、地域教育ネットワークの構成により異なります。

※スズキ教育ソフトサポートセンター〈053-444-0081〉までお問い合わせください


スズキ校務シリーズ 動作環境(クラウド版)

クライアント機
OS Windows 7 Professional
※最新のService Packを推奨
CPU お使いのOSが快適に動作するプロセッサーが必要
メモリー お使いのOSが快適に動作するメモリー容量が必要
ディスプレイ 色:High Color(16ビット)以上が必要 解像度:1024×768ピクセル以上が必要
ネットワーク インターネットに接続できる環境が必要

 

  • ※環境によっては、一部の機能の動作やアクセス数が制限されることや、速度が低下することがあります。
  • ※実際に消費されるハードディスク容量は、ハードディスクの状態によって動作環境に記載されている容量よりも増える場合があります。
  • ※実際の動作には、ハードディスクの空き容量が必要です。空き容量が少ない場合は、動作が不安定になる場合があります。
  • ※「スズキ校務シリーズ」「名簿情報管理」「出欠席情報管理」「小学校成績処理 竹千代NET」「中学校成績処理 家康NET」「通知表作成」「指導要録作成」「調査書作成」「体力テスト処理 げんきNET」「週案簿・時数管理」「時間割作成」「コミュニケーションツール」「保健管理 えがおNET」「文書管理」「地域集計」は、スズキ教育ソフト株式会社の商標です。
  • ※Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの、米国及び他の国における登録商標または商標です。
  • ※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ※製品の仕様は、改良のため予告なく変更される場合があります。